狩野一峰の思考錯誤

言いたいことも言えないこんな世の中だからこそあえて本名で

子どもが親との旅行を楽しめないのは、世界共通かもしれない

こんにちは、ドロンパ院長です。

先日、新幹線に乗ったのですが、京都から乗ったということも相まって、外国人だらけ!!

三列シートの窓側だったのですが、あと二席は外国人(欧米系)のお母さんと息子のペア。

とんかつ弁当を車内で食べておられましたが、最初にご飯を全部食べて、そこからとんかつを食べるという異国情緒あふれる食事シーンでした。

そこで気づいたことがあります。

せっかく海外旅行にきているというのに、息子がそれほど楽しそうではないのです。

 

f:id:kazumine50:20191110104456j:plain

新幹線の中ではニンテンドースイッチでいつものゲーム

せっかくの海外旅行をしていて、新幹線に乗っているのに、子どもはまさかの携帯ゲーム。

どういうゲームのタイトルかはわからなかったけども、アクションRPGみたいな感じでした。

もったいなあ、とか思いつつ、旅行の楽しみ方なんて人それぞれですね。

そういう自分も、国内旅行先でイオンやGUやユニクロに行ったりと、どこでもできるようなことをやって楽しんでいます。

思い起こせば、自分も親との旅行はそんなもん

中学生になるまでは、よく親に旅行に連れていってもらっていました。

実際に記憶に残っているのは小学生以上の記憶がほとんど。

フェリーに乗ったり車で行ったり、、、しかし当時は本当につまらなかったように思います。

「これやったら家でファミコンやってるほうがおもしろいわ」

とか、最低最悪な暴言を吐いていたような覚えもあります。

とにかく旅行がつまらなかったんですね。 

感謝できるのは約30年後

ところが、いざ自分が親になってみると、立場が逆転します。

そして旅行先の候補は、自分の親が連れていってくれたところが多い。

例えば、父親がフェリーが好きで、何回かフェリーに乗って九州に連れていってくれていました。

例のごとく、当時は全然おもしろくなかったのですが、今はとにかく行きたい。

フェリーの旅が本当に良い思い出です。細かいシーンは思い出せないのですが、とにかく「楽しかった」という感情はよみがえってきます。

本当に親には感謝です。

 

今、実際に自分の子どもを色々なところに連れていっていますが、本人が楽しく思ってくれているかどうかはわからない。しかも、記憶に残るかもわかりません。(写真という記録には残っているけど。)

もしかしたら、というか、かなりの確率で「家でYOUTUBEみてるほうが楽しいやん」とか思われてそうですが、30年後に少しでも思い出を振り返ってもらえたら嬉しいなあ、と思っていろいろな場所に連れ回しています。

しかし30年は長いわ。

 

そして、冒頭の外国人親子の子どもは大学生ぐらいでした。

移動手段はバスが1番しんどいと思う

こんにちは、ドロンパ院長です。

今日久しぶりにバスに乗りましたが、案の定気持ち悪くなりました。

バスって、移動手段の中で1番過酷じゃないのかなーと思った次第であります。

f:id:kazumine50:20191103230836j:plain


 

空気がもわっとしている

バスの中の空気って、なぜあんなにもわっとしているのでしょう?

観光バスでも高速バスでも、気温が快適なバスに乗ったことがありません。人が多いからとかそういう理由なのでしょうか。

今日は少し窓が開いていましたが、そこから素晴らしく爽快な風が入ってきていました。

あれがなかったら、もどしていたかもしれない。

電車よりしゃべってる団体が多い

電車の中って基本的には静かだと思います。最近はみんなスマホで読書をしているのか漫画を読んでいるのか音楽を聴いているのかゲームをしているのか分かりませんが、そんな感じで自由に気ままに過ごしている人が多いので、本当に静かです。
ですが、バスは乗っている年齢層が少し高めなのもあるかもしれませんが、みんなものすごく喋ります。ここはレストランか!と思うほどしゃべっています。

時期的なもので、京都だけなのかもしれません。ですが電車よりも圧倒的に喋っていると思います。これがなかなか前述のもわっとした空気と+ αになってかなりしんどいです。

ストップandゴーとエンジン音

なんせ市バスなもので、バス停とバス停の間が近いこともあって、しかも走るのは街中。ストップアンドゴーが非常に多いです。

あと、バスのエンジンが直接体に響いてくる。

座る場所によっても違うのかもしれないけど、すごい振動。

 

なんか文句みたいなのをタラタラとかいたけど、要するに電車は素晴らしいってことです。

将来的にでてくる自動運転の車も、バスみたいな感じなのかな、、、。

スポーツジムで、単調な運動を極上の時間に帰る方法

こんにちは、ドロンパ院長です。

少しジム通いを休んでいましたが、昨日からまた復活。 私が通っているのは無人のジムです。しかも早朝5時から。 そこは最近できたので、しばらくはその時間帯でもけっこう利用者がいました。

しかし、時期的なものなのか、今となってはこの時間帯では自分を含めて2人とか。多いときでも4人ぐらいでしょうか。

これだけ空いていると、マシンの待ち時間のようなものはほとんど発生しないし、「がんばってますアピールの機器ガチャーン!野郎」の音もほとんどしないので、非常に快適です。

 

www.doroin50.com

f:id:kazumine50:20191025135208j:plain

最近の流行りは動画

マシントレーニング中は、音楽一択ですが、エアロバイクやウォーキングマシンのような有酸素運動であれば、かなりのことができます。

ネットを見てみても、家でエアロバイクをしながらブログを書く人や、エアロバイクをしながらギターの練習をする人など、達人の域に達している人もけっこういるようです。

ジムで運動中の人を見ると、最近はタブレットをマシンに置いて、好きな動画を見ている人が多いです。

私も最初はこれでした。

見ていたのは、ウォーキングデッドやダンベル何キロ持てる?や仮面ライダーなどなど。 海外ドラマは1話が45分ぐらいなのでちょうど良い。アニメやドラマなんかも30分ものだと、実質24分ぐらいで終わるので、2話分見てちょうど良い。 そりゃネットフリックスとかアマゾンプライムとかさえ契約してりゃ、ほとんどのジムではWIFIも使えるだろうから、ネタに事欠かないというわけです。

イヤフォンはBluetooth接続一択

有線のもの、また無線だけど微妙に線があるもの、とイヤフォンもさまざまな種類があります。

いろいろある中で、私は断然完全ワイヤレスイヤフォンをおすすめしたいです。

理由は完全に線がないから。

たったそれだけです。

線がない生活は一度使うともう戻れません。

私自身、バンドをやっていたこともあって、温室にこだわるほうです。当然無線よりも有線のほうが音が良いのは否定できません。 ですが、利便性が圧倒的に違います。

有線イヤフォンは「音にあたたかみがある」とか言って、テープで音楽を聴いているようなものです。

運動をするんだから、動けるイヤフォンで。ということで私が使っているのはこれです。値段も安くて最高。しかも一応防水なので、汗も全く問題なし。

 

これ、全人類が使うべきです。有線のイヤフォンの人を見るとかわいそうになってきます。iphoneにはじめからついているイヤフォンの人を見ると、もっとかわいそうに思えます。

ゲームをしても良い

最近気づいたのはこれです。

いや、スマホゲームはやってたんですよ。いわゆるソシャゲですね。 しかしソシャゲというのは、課金というものがあります。もちろんある程度までは課金なしでも楽しめますが、息の長いゲームだと、次から次へと新しいアイテムやらシステムやらが導入されてきて、課金なしでは正直ついていけません。そして同じゲームを4年とかやるのは現実的ではありません。

そこで思いついたのが、携帯ゲーム機。 私はPSVITAです。VITAでやっているのはなんとファイナルファンタジー3。

え?今は15ぐらいまででてるって? そんなことは知らねえ。やりたいゲームをやるんじゃ。

PSVITAに限らず、DSでもなんでもいいんですが、携帯ゲームってやってると眠たくなりません?特にRPG。寝転がって家でやったりするからかな。

でも、ジムでやれば眠たくならないんです!

むしろ退屈な有酸素運動の時間が一瞬で終わります。さらに気がおかしくなったのか、「もっとやりたい!」と意味不明な考えまででてきます。

あ、アクションゲームもやってみましたがダメでした。慣れかもしれないけど、エアロバイクをこぎながらアクションゲームは難しすぎた。

脳には良いかもしれませんが。

 

私も最初は動画を見ながら有酸素運動をしていましたが、やはりずっとやっていると飽きてきます。

ということでオススメはゲームをしながら!です。

無人のジムのほうが、周りの目も気にならないので良いかもしれません。

あ、VRならもっと良いかも。

失敗しない飲食店の選び方

こんにちは、ドロンパ院長です。

タイトルにもありますが、初めての店に入るときって、ある程度の有機がいりますよね。

おいしいのかな?っていうのがほとんどの心配だと思いますが、おいしいという要素はトータルの満足度だと思います。

例えば、味だけが抜群においしくて、店員さんの態度がクソな店に対して、トータルの満足度で「おいしかった!」と思う人は少ないでしょう。

ファミレスやファーストフードなど、どこで食べても同じ味を提供してくれている店でも、接客してくれた店員さんで、総合満足度の味は変わります。

そういう意味での失敗しない飲食店の選び方を考えてみました。

f:id:kazumine50:20191018084725j:plain

 

値段が高ければおいしいってもんでもない

そんなことはわかっとるわ!

と言われそうですが、そこはあえて。

飲食店の一品の値段というのは、非常に戦略的に決められていることがほとんどです。

まずもって、素材の価格が含まれているのは当然ですが、それを調達する物流の価格や調理する人間の技術料、テーブルまでもってきてくれる人の技術料や、そこの店舗の賃料など、さまざまな価格が上乗せされています。

ですから、例えばきゅうりの一本付けというメニューが380円で提供されていたとして、

「きゅうりなんてスーパーで38円で売られてるのに!」

という思考になってしまったら迷走します。

看板にまどわされよう

個人的にこれはオススメです。

看板がきれいだったり、メニューがものすごくおいしそうに作ってあったり、外からみる雰囲気が良かったり。

個人店ならなおさらこれは重要。

なぜなら、メニューや看板をプロに外注しているからです。

外注しているとなぜおいしい飲食店なのか?

店主はその分、料理を作ることやおいしいものを提供することに専念できるからです。

個人店で飲食店をはじめようと思う人は、たいがい料理がそれなりに上手な人です。なので、料理を作って、食べてくれた人を笑顔にしたい!というような素晴らしい考えを持った人が多いです。

ですが、実際に店をはじめるとなると、調理以外のやらなければいけないことが多すぎて、料理の腕を磨くとか、おいしいものを提供するというような最初の意思は、しだいに失われていきます。

そうならないためにも、看板やメニューはプロに外注するのです。

もちろん自分ではできないから、という理由もあるでしょうが、ド素人がパソコンで適当に作ったようなメニューや看板なんかでやっているような飲食店は、ロクなところがありません。

ということで、看板にまどわされましょう。

従業員に優しい会社のサービスを選ぶ

従業員を雇って、店を切り盛りしている店はたくさんあります。

もちろん大手のファミレスや牛丼チェーン店も含まれます。高級割烹料理屋さんなんかもそうです。

普通に考えればわかりますが、高級割烹料理屋で支払う値段と、牛丼チェーンで支払う値段は全然違います。

ですが、実は従業員に支払われている給料は大して変わらないどころか、おそらく牛丼チェーンのほうが高いでしょう。

例えば牛丼チェーンが時給換算で1000円。割烹料理屋が時給換算900円だとします。普通に考えれば牛丼チェーンの従業員は1000円の仕事はしますが、高級割烹料理屋の従業員は900円の仕事しかしません。

さらに、今は人手不足ですから、昔のように「時給1000円で2000円の仕事をする」ようなスーパー従業員はほとんどいません。「時給1000円で500円の仕事しかしない」従業員が普通です。

つまり、従業員にたっぷり給料をだせる店は、単純に優秀な人が集まるので、接客レベルも高く、お客さんに総合的に満足してもらえる確率が高まる、ということです。

 

ということで、店の外観にまどわされて、その店が従業員を大切にしているような店であれば、ほぼ当たりということです。

もはや加工食品も原材料の1つになっている気がする

こんにちは、ドロンパ院長です。

われわれが昔から慣れ親しんで食べてきたもの、たとえそれが加工食品であっても、もはや材料ととらえられるんではないでしょうか??

f:id:kazumine50:20191013185956j:image

カップラーメンや袋ラーメンにひと手間加える

定番中の定番。

カップラーメンは、それだけで味も完成していると思いますが、さらにひと手間加えるということがあります。

例えば、カップ焼きそばに納豆を入れたり、カレーヌードルに納豆を入れたり。

納豆ばかりでなく、たまごとかいろいろあると思いますが、元々完成された味なので、トツピング的な意味合いのような気がします。

中でも納豆は絶大な人気があるようです。

私は納豆が食べれないので興味ないてすが。

コンビニのお惣菜を再加工

最近のコンビニのお惣菜は、びっくりするぐらいレベルが上がりました。

もともとお惣菜は、デパ地下とかスーパーの専売特許みたいなものでしたが、もはやコンビニで、そんなに高くなく手に入れることができる時代です。

このお惣菜も、当然ながら完成されています。

しかし、これをまた二次加工するのが流行ってるみたいです。

例えばきんぴらごぼうのようなお惣菜と、何かを組み合わせたものをパンに挟んだり。

どれもどう考えてもおいしそうです。

でも既に完成されているものに手を加えるのは反対派。

そのまま食べてもおいしいなら、そのまま食え!!

粉末は全て調味料

例えば袋ラーメンの粉末スープ。

これだけ余るってどういう状況?と思う人がいるかもしれませんが、うちでは余ったりするんです。

それは、鍋をしたあとに、締めのラーメンを袋ラーメンの麺ですることがあるからです。すると必然的にスープが余ります。

余ったスープは、そのままの役割でお湯に溶かされて中華スープになったり、炒めたご飯に調味料として使われて、チャーハンに変わったりします。

これもまた完成されている味なので、抜群!!

焼きそばにかけたりすることもあります。

 

この他にも駄菓子を二次加工して何かを作ったりとか、想像は無限大。

特に昔からある食品は、加工のベースとして最適なように思います。

チキンラーメンなんか、いくらでも加工の方法がありそうやし。

でも個人的には、そのまま食べるのが1番好きです。

 

食事を「栄養摂取だけの手段」と考える人を理解できない

こんにちは、ドロンパ院長です。

表題にもありますが、こういう人いますよね。

別に批判するつもりは全くないのですが、いろいろと損をしてる気がします。

もちろん、いらぬおせっかいだとは思いますが。

f:id:kazumine50:20191006091713j:plain

1日に3回もある楽しいイベントのチャンスを逃している

人にもよると思いますが、朝ごはんを食べない人でも1日に3回は食事をしてると思います。

朝ごはんを抜いて、昼食と晩御飯とそれ以外の間食といったようなものです。

町にでてみると、あふれんばかりのおいしそうなものが目に飛び込んできます。コンビニでもスーパーでもおいしそうなものが陳列されている。

しかも最近はコンビニとかファミレスのレベルがかなり上がっており、もはや昔のように美味しくないという代名詞ではありません。全く逆で、何を食べてもおいしいというような驚異的な状況になっています。

それに加えて、ラーメンやカフェなど、男女関係なく誰もが楽しめるような食大国に日本はなっているのではないでしょうか。

特にお寿司やラーメンなんかは外国人からの人気も圧倒的に高く、もはや日本の文化の一つとして海外に自信を持って誇れるものと思います。

そんな食事をする機会が、1日に3回も訪れるのに、しかもこんな幸せな日本という国に住んでいるのに、せっかくの3回というときめきの時間をドブに捨てるようなことをしていると思います。

食の話で盛り上がれない

会社でもテレビでもどこのコミュニティーでもそうだと思いますが、話の大半は食べ物の話です。この前あれを食べに行ったから美味しかったとか、この食材をこう料理したら美味しくなるよとか、日々の雑談の中には食事の話がありふれています。

食事を栄養を取るだけの手段と考えている人は、こういう話題を振られても、特に全く面白くないのではないでしょうか。

もちろん話を合わせているとは思いますが、はっきり言って興味もない話題にじっと話をするというのは苦痛でしかあり得ません。

例えば、私はリカちゃん人形に全く興味がありませんが、目の前でリカちゃん人形の話を熱くずっと語られても苦痛に感じるだけです。しかもそれがほぼ毎日ときたら、もはやこの世にいる意味も見いだせないかもしれない。

ダイエットいらずでうらやましい

当たり前と言えば当たり前ですが、食に興味がない人のほとんどがかなり細いです。

女性はちょっとまた違うのかもしれませんが、男性でヒョロヒョロというか、「ほそっ!」て思う人は、ほとんど食に興味がない人が多いです。

もちろんそういう人達でも食事以外のことに興味があって、そちらに邁進している方もたくさんおられますが、とにかく食に興味がない人はダイエットにも興味がないというか、ダイエットする必要がないというか、「どうやったら太れるの?」みたいな感じです。

これは正直とんでもなくうらやましいです。

私自身は食にかなり興味があり、食べる量も多いのですが、当然年齢的にも太ってきます。だからやせるためにジムにいきます。

食べたいものを食べて太ってしまって、ジムに行ってわざわざ時間をとって運動するという、はたから見れば意味不明な行動になってしまいますですが、ジムに行って運動してまで食べたいものを食べたいのです。

これこそが人間という生き物ではないでしょうか。

ものを捨てられるのは、能力だと思う

こんにちは、ドロンパ院長です。

最近、とある人の断捨離をお手伝い中です。

自分自身が物を買うのが好きな時期もありましたが、もはやかなり過去の話。今は限りなくミニマムにシンプルに過ごしたいと思っています。

お手伝いをしている中で、いくつかのことを気づいたので記事にしました。

f:id:kazumine50:20190928114544j:plain

整理整頓は能力が関係する

能力というか、決断力だと思うんです。

買うときも決断しているけれど、捨てるときはもっと決断力が必要。

「まだ使えるし」

という言葉を何度聞いたかわかりません。

 

まだ使える、んじゃなくて、使うかどうか!

 

といつも言うのですが、捨てられない人はこの感覚が理解できないようです。

 

物というものは、なんでもそうだと思いますが、使わないでいると劣化します。靴でもゴムの部分が劣化してひび割れるし、使わないなら残しておいてもしょうがないと思うのです。

一度きれいにすると、さらにいらないものが見えてくる

これは、自宅でものを捨てまくっていたときに感じたことです。

いったん一通りものを捨てると、前回保留にしていたものや、必要だと思って残しておいたものが、急に色あせて見えてくるのです。

それだけのものに囲まれていたので、冷静な判断ができなくなっていたのかもしれません。

そして、前回保留だったものを捨てて一段落すると、また余計なものが目に入ってきます。

だから、何回かこの工程を経て、やっと真に片付いたと言えます。

つまり、本当に片付けをするのは、時間をかけて段階的にやっていかないと終わらないということです。

「ときめく」か「ときめかない」という意味がわからない

こんまりさんがネットフリックスで番組をもっています。内容は素晴らしいのですが、こんまりさんが昔からよく言っている

「ときめいたなら残す、ときめかないなら捨てる」

という意味がわからないのです。

まず、ときめくって何??どういうこと??

これは女性ならもっとわかる感情なんでしょうか。

もしくは、物に対して、私自身「ときめいたことがない」からわからないんでしょうか。

自宅をミニマムにしようとしたときに、物を捨てまくりましたが、昔やってたギターとかはやはり残しました。CD類はすべてデータにして売り払いました。

そのときでも、ギターに対して「きゅんっ」とはならなかったのです。

冷静に「これはいる」と思ったので、残したままです。まあいると言っておきながら全然弾けてないんですけどね・・・。

とにかくこの「ときめく」という感情。女子がしきりに言う「かわいい!」っていうのと同じぐらい意味不明です。

そういえばこの前マクドのポテトがかわいいっていう女子がいたな。謎。