京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

求人出しても問い合わせすらない時代をどう生き抜くか②

みなさんこんにちは、ドロンパ院長です。

昨日に引き続き、求人に関することを記事にさせてもらいます。

昨今のAIの話で●割の仕事が消える!なんて報道がよくされています。オックスフォード大学の予測が全世界に広がったのがキッカケですね。実際にAIはかなり開発が進んでいるようで、簡単な単純作業からロボットに変わっていくでしょう。

f:id:kazumine50:20170626105447j:plain

そういえば会社という場所でPCが一人一台導入されるようになった時も、事務員が大幅に削減されたとか。その時と同じような状況なのかもしれません。

え??ちょっと待って。

人がいなくて採用難じゃないの??

 

採用難とロボットに仕事を奪われる。これって相反してませんか??

日本の全体的な話しであれば間違いなく人口は減ってますよね?少子化に歯止めがかかってないので今後も労働人口は減る一方でしょう。

ではなぜ人がいない人がいないと言っているのか?それは単純に需要と供給のミスマッチが起きてるからなんです。

例えば特に人手不足と言われている業界として福祉が筆頭に挙げられます。現場作業員なんかもなり手がいないですよね。つまり不人気業界=人手不足業界になります。

日々人材コンサルティングの仕事をしているとわかるのですが、事務職ってすごい人気なんです。

f:id:kazumine50:20170626104555j:plain

事務職を希望する方は多いけれど、事務職の求人自体がないというのが現状です。需要と供給の関係ですね。つまり人気職種=人手余り職種になる可能性もあります。事務職の求人が少ない理由は・・・

  1. 事務職は人気なので辞める人が少ないのでポジションが空かない。
  2. 事務職は派遣やパートであったり、それこそコンピューターで代用できる。
  3. 業務自体をアウトソースしている会社も今では普通になっている。

「手に職をつかえたら一生食える」とか言われてた時代は終わったと言われています。ですが、私は一握りの職人だけは今後生き残れると思うのです。

例えばコンビニに売ってるような袋に入ったパン。最近はレベルがすごく上がってきてとてもおいしいです。でも機械が調理しています。しかしながらハイレベルな職人さんが作ったほうがおいしいでしょう。その機械も職人さんの技を再現するように作られています。だから模範となる職人さんの存在は絶対必要です。

f:id:kazumine50:20170626104714j:plain

また「やはり人間が作ったものを味わいたい」と思っている人も少なくありません。機械より職人さんが作ったほうが価格は上がるかもしれませんが、それでもそっちを選ぶという人は必ずいます。

そういえばその昔、全国に300店舗ほど展開しているアパレルメーカーの社長に営業に行った際に「なるほど!」と思った名言があります。

文字数が多くなってきているので続きはまた明日・・・。