京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

ホリエモン氏の『保育士なんて誰でもできる』発言は、そこそこ真相をついてる気がする

こんにちは、開業日が大雨どころか台風でしかもかなり大型と聞いてなんと運が良いんだろう!と自分に言い聞かせてるドロンパ院長です。

 

専門特化ブログ更新しました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

www.toujinishiseikotsu.com

 

 

 

ホリエモンさんがまた炎上してるみたいですね。ツイッターでもこの手の発言がよく流れてきていました。

weblog.horiemon.com

 

保育士が給料安いのはなぜなんでしょう?

という問いに「誰でもできる仕事だから」と答えたことによって炎上したようです。

 

様々な仕事を知っている中であえて言及させてもらいますが、保育士の「有資格者」という意味では誰にでもできない仕事ではありますが、「業務内容」からすればある程度は誰にでもできると思います。

そもそも保育士とは国家資格です。民間資格と違い、国家資格が関わる仕事はほとんどが国によってその業務に対する対価が決められています。まあもちろんその対価の基準が昔すぎて現代においての大変さとの違いはあるでしょうが、基本的にはそこが大前提です。

f:id:kazumine50:20171022161744j:plain

医者でも同じで健康保険を適応するような治療であれば●点と決まっています。熟練であってもド新人がやっても点数は同じです。いわば国が決めたルールにのっとってやっているだけです。保育園に預ける際もその世帯の収入によって支払う額が変わってきます。つまり能力ではなくあくまで国が決めた基準です。もちろんこの枠組みにとらわれない民間の保育所もありますが、その場合のほとんどは富裕層向けの教育もしっかりしたようなものになります。

ちょうど老人ホームもそれに似ています。同じ福祉の枠組みというのもありますが、民間では、富裕層のお年寄り向けに住む場所を提供しているような会社もあります。実際私が行ってみて驚いたのは入居時に約2,000万円支払って、それに加えて月々25万円かかるような有料老人ホームです。高級ホテルのような感じでパーティもできるような場所でした。これはさすがに利用する方は富裕層に限られますが、そこで働いているスタッフも、国が管轄する介護報酬だけでやってないのでそこそこ良い待遇で働いておられました。

結局国の枠組みの中では運営会社も儲けるわけにはいきません。公共事業なのですから。だから国の枠組みにとらわれないやり方を考える必要があります。上記のような有料老人ホームのようなイメージです。そういう事業がどんどんうまくいけば今回話題になっている保育士の給料も上がることでしょう。

誰でもできるかと言われれば、専門性的にはそんなことはないでしょう。ですが確かにホリエモンさんの言う通り少し努力すれば誰でもできるようにはなります。(業務的には、資格は別)

しかしこの世には少しの努力ではできない仕事がたくさんあります。その人にしかできない仕事とかはまさしくそういうものです。

「やったことないくせに偉そうに言うな」

と言われそうですが、この世のすべての職業を体験するのは不可能です。

なので、ある程度様々な職業を見てきた(実際に体験はしていない)私からすれば、確かに保育士は他の仕事に比べれば激務ではあるかもしれませんが、できる人は多いです。

f:id:kazumine50:20171022161722j:plain

あと、やっぱりというか保育士に限らず「国家資格」というだけでかなりプライドを持っておられる方も多いです。そりゃ国家試験を受けなくてはいけませんからね。民間資格のように学校卒業したら自動的にとれるようなもんでもないですからプライドを持つのもわかります。

私自身も柔道整復師という国家資格を取得していますが、別に他の人と変わらないし特殊技能かと言われれば、誰にでもできる仕事だと思っています。

このホリエモンさんの保育士炎上事件は実は続きがあるので、このブログも次回に続きます・・・。

 

家の近くのツタヤが閉店してない?今後閉店が加速するってよ。

こんにちは、開業のカウントダウンが始まっており胃の痛い日々が続いてるドロンパ院長です。

こういう時こそはてなブログ!みなさんの記事を読んだり自分の記事を書いたり、けっこう精神状態が保たれるもんですね。感謝。

ということで以下の記事をご覧ください。

 

www.nikkei.com

あぁ、とうとうきたか。

 

という感じですね。これだけアマゾンプライムだとかネットフリックスやHuluの台頭によってそりゃそうなるよね・・・という結果でしょう。

ツタヤ自身もネット配信をやり始めてたけど時すでに遅し。アマゾンなんて最初はネットの本屋さんだったのにまさかそんなところに抜かれるなんて・・・という結末。

f:id:kazumine50:20171018113834g:plain

TSUTAYAレンタルサービス|カード・ポイント|ファミリーマート

 

自分自身も前ほど利用しなくなった

自分もアマゾンプライムは利用していますが、最初はコンテンツの種類も量もショボかったけど今やすごいことになってますからね。相当なマニアックでピンポイントなドラマとかアニメとかはさすがに網羅してないけど(それですら配信されてる場合もあるが・・・)、どっちにしても観きれないぐらいのラインナップ。

話題の映画等はけっこう早めにプライムで観れるようになるからビックリします。

個人的にダイエットのつもりでエアロバイクを家でやってるんですが、その時にこういう配信サービスはめちゃくちゃ重宝します。

f:id:kazumine50:20171018112944j:plain

続きもので今まで観たものは

挙げてみたらけっこうというかかなり依存してることに気づきました。(笑)

海外ドラマのbonesは途中で有料になってしまったので観るのをやめてしまいました。これだけの作品をレンタルして観るというのも現実的じゃないし、アマゾンプライムに加入してるからこそ観れたんだと思います。

walking deadなんか完全にそう。なんかやたらと流行ってるけど海外ドラマそんなに興味ないしなーと思って観始めたらドハマり。グレンがあせってる姿が好き。

f:id:kazumine50:20171018112954j:plain

 

映像作品を観るスタイルが変わった

今までは観たい作品Aがあり、それを借りにいっていました。

ですが、今は配信されているカタログの中から観てみようというものを選ぶスタイルに。目的のものはないけど目を引くものを観る、というスタイルです。

これ、自分で書いてて気づいたのですが、書店と逆ですね。

ネット書店には目的があってピンポイントに読みたい本を探して見つけ出して購入します。リアル書店には何か面白い本ないかなーと探しにいくような姿勢でいきません?書店員さんのお勧めを見てみたり。

アマゾンプライムのような配信サービスは自分が子供の時に観てたアニメとかを観れて面白い。中華一番の食べた後のリアクションはおもしろすぎるしクッキングパパは当時のサラリーマンの様子がよくわかる。今であればセクハラとかパワハラと言われるようなシーンもでてくる。もちろんそんなアニメではないんだけど。

 

エンターテイメントのレンタル業の今後

ツタヤ本体はこんなことになってきてしまっているけど、何年か前に始めてるTポイントカードは絶好調じゃないのかな。今たいがいの店いったらTポイントカードの提示を聞かれるぐらいにまでなってるし。ツタヤはこんな状況やけどGEOはどうなんでしょう。そういえばGEOもpontaカードやってたな。

今回のツタヤがネット配信に完全に食われてしまったというのは、新聞がネットニュースに完全に食われてしまった状況と似ているような気がします。とはいうもののスマホネイティブでない世代にとってのサービスを拡張すればまだまだイケるような気もしますが知恵を絞らないといけないやろうなあ・・・。

病院とか介護施設向けの配信サービスとか?昭和初期の映画とか音楽ばっかり扱うとか、DVDやCDの宅配を介護施設にやってみるとか。ツタヤという名前のブランドは素晴らしいので是非とも復活してほしいものです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

専門ブログも更新しました!クリックだけでも良いので御願いします!

www.toujinishiseikotsu.com

病院へ一言物申す!

こんにちは、ブログの更新間隔が長くなってきており、くたばってるのかと思われているドロンパ院長です。

ちょうど2週間前に尿路結石の激痛で、人生初めて救急車に乗りました。

 

kazumine50.hatenablog.com

 

検査して、薬もらってがんばって石出してくださいねー、2週間後にきてくださいねーということでした。

その2週間後が昨日。

予約はしてたんですが前回は1時間40分ぐらい待ったので今回もそれぐらいの覚悟で臨みました。

スマホの充電もバッチリ満タンで待合の椅子に座っていると、

 

看護師さん「おしっこ我慢してはると思うんですけどもう診察できますんで、今日はエコー検査になりますので出そうになったら言ってください。出そうな状態での検査になりますので。」

 

 

 

 

 

え??

 

 

 

 

 

全然聞いてなかった。尿を貯めた状態じゃなかったらあかんのか!!

1時間前ぐらいにトイレには行った。さすがにしばらくはでないだろう。ちゅうかもう石も排出されてるから検査もいらんような気もするけどあと2個控えてるからなあ、、、。

とか思いつつ待っていても排尿感が全くこない。ヤバイなあと思っていると、

 

 

看護師さん「何時ぐらいにトイレいかはりました?」

 

私「1時間ぐらい前ですかね。」

 

看護師さん「そしたら少し水を飲んでいただいてもいいですか?出そうなったら呼んでください。」

 

おい!聞いてない上に水飲んではよ出せってか!まあしょうがないかと思いつつ案内のコンビニで500mlのペットボトルの水を買う。

あまりにも腹立ったので水の一気飲み!冷えてたので少し歯にしみたが飲みきったった。常温のやつにしとけばよかった。

水を一気飲みしてもそんなすぐにはでる気配はないので、もうめんどくさくなってきてしまい、

 

私「すいませーん、そろそろでそうです。」

 

看護師「あ、はい、わかりました。ではお入りください。」

 

医師「こんにちはー、石でましたか。よかったですねー。出るときに痛みはありましたか?違和感はありましたか?」

 

『出そう感』があったということを伝えたら、早速エコーの検査へ。

なかなかのところまでズボンをずらしエコー検査開始。5秒ぐらいで終了。

 

医師「特に石は見当たりませんね。で、今日預かった石の成分分析をします。結果がでるのが2週間ぐらいなんでまたきてください。」

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

「おい!ちょっと待て!トイレを我慢してこいというならちゃんと前回伝えろよ!しかもエコー検査て一瞬やん!石もでたのにやる必要あったんか!?ダンカンコノヤロー!」

f:id:kazumine50:20171017092611j:plain

と言えるはずもなく

 

私「ありがとうございました」

 

で終わりました。検尿もしましたがもう血は混じってないとのこと。

そしてお会計。2660円。

たかっ!

今回薬もでないのにエコー検査が高かったんでしょう。

三割負担でこれですからね。そりゃ医療費も圧迫されるで。

f:id:kazumine50:20171017092643j:plain

いやあ、病気にはなるもんじゃないですね。

格安simにしようが生命保険を安いやつにしようがしょうもない病気でもかなり費用がかかる。重症であればもっとかかったことでしょう。

ホンマに健康って大事!健康であることが一番の節約になります。

 

2020年東京オリンピックの工事中に起きた痛ましい事件

こんにちは、ドロンパ院長です。

今日はおふざけ無し、悲しい許されないニュースについてです。

www.buzzfeed.com

 

東京オリンピックの会場設営工事を請け負っていた会社の現場監督をしていた23歳の新入社員の男性が異常な時間外労働の末、自ら命を絶ったというものだ。

時間外労働時間は200時間を超える月もあったとか。要するに残業時間だけで200時間ということだから常識を逸脱している。

平成28年度版、厚生労働省がだしている時間外労働の過労死ラインというのは80時間だ。国の基準の2.5倍とは異常すぎる。

f:id:kazumine50:20171012114641j:plain

責任の所在

労務管理がしっかりとできていなかった会社は言語道断だが、発注側の東京都の責任とも言える。一体中にどれだけの業者が関係していて、どこまで下請けがあるのかもわからない中で言及するのははばかられるが、これは単純に会社の責任だけにはできないだろう。

公共事業を請け負ったことがある人ならわかる人もいるかもしれないが、納期設定と発注金額がめちゃくちゃな場合が往々にしてある。そりゃそうだろう、わからない人が発注してるのだからそもそもそれが無理がありすぎる。

余談だが、「公務員というのは責任をとらなくても良いシステムになってる」と定年退職した公務員が言っていたのを思い出す。

 

以下は著名ブロガーのフミコフミオさんの記事だが、給食のまずさが話題となった事件について言及されている。

delete-all.hatenablog.com

 

この記事でも発注側が給食業者に無理な内容で発注したから、というような事を書いておられる。

 

事故は起こるべくして起こったのか?

ダムや鉄道など公共的な建造物を建てる時は、悲しきかなやはり事故が起こる可能性がある。歴史に残るような建造物は何人もの命を犠牲にしてまで建てられたものだろう。その可能性を最大限下げる為に安全管理を徹底しなさいということである。

 

しかし今回は長時間労働の末だ。

 

会社から命令があってしていたのか、それとも責任感に押しつぶされそうになりながら長時間労働をしていたのかはわからないが、こういう建設業でも安全管理だけでなく労務管理もしっかりとやれ、ということである。事故はいくら安全管理を徹底していても、不測の事態が起こる確率は0%にはならない。しかし今回の件はしっかりと労務管理・フォローをしていれば防げたはずである。

命令系統がどうなっていたのかもわからないが、亡くなった方の上司はいきなり犯罪者扱いになることも珍しくない。部下がどれぐらいの時間働いているかなど、簡単に掌握できるはず。

しかもしっかりコミュニケーションさえとれていれば、ちょっと体調が悪そう等変化には気づくはずだ。

部下とコミュニケーションがとれない人・とる気のない人・若者の感覚を理解しようとしない人・部下からのコミュニケーション待ちの人は決して上役にはなってはいけない人である。仕事ができるできないは関係ない。

ちなみに労務管理に触れておくと日々コンサルティングをする中での肌感覚でいうと、しっかりとできている会社は上場企業では70%、中小企業では5%程度のイメージだ。

 

真の問題点

そして私が一番問題だと思うのは、このニュースがほとんど知られていないということ。明らかに露出が少ない。普段の仕事柄こういうニュースには常にアンテナを張っているので、あまり取りこぼしはない。

少し前には31歳のNHKの記者が携帯電話を握りしめたまま、うっ血性心不全で亡くなったというニュースもあった。

ところが、このオリンピックの事件は私がたまたまJAPAN TIMESという新聞で記事を見つけたことで知った。調べてみると読売や朝日といった主要新聞では記事すら書かれていないという実態。JAPAN TIMESは日本にいる英語圏の人とか、英語を勉強している学生さんが読むような新聞だ。ここまでは情報統制が届いてないのかな。そもそも冒頭の引用もバズフィードだ。日経新聞にはさすがに載っているが、テレビのニュースでも見たことがない。

電通は高橋まつりさんの事件で非常にクローズアップされ、就職したい会社ランキング上位から就職したくない会社ランキング上位になってしまった。あの時ぐらい大々的に報道されても良いとは思うが、やはりオリンピックが関係しているからなのだろうか。

 

自分の行動は誰かに必ず影響している

上司のオッサンがたばこを吸いにいっていて、たまたま電話がつながらなくて電話も行き違いになって・・・というのはよくある話。こんなしょーもないことで、重要な決定が遅れることがけっこうある。

しかしこれが上流工程で行なわれると下流工程ではとんでもない影響になる。

私にも部下がいた時の決断は基本的に即決にしていた。もちろんちゃんと考えてのことだが、決断が遅いと下流工程で異常なほど遅れが生じるからだ。いくら優秀な人を揃えてもありえない短納期であればアウトプットはたかが知れている。

自分の行動は誰かに影響するという考え方はまた別の機会に書くが、管理職の方たちはそれぐらい細かい配慮をもって仕事をしてほしいと常々思う。

今回の事件は本当に痛ましい。長時間の時間外労働が常態化している会社では難しいかもしれないが、友人や知人でこういう方がもしおられたら、少し気にしてあげるとか救いの手を差し伸べてあげてほしい。

f:id:kazumine50:20171012114653j:plain

100記事を越えてから気づいた重要なこと

こんにちは、最近全くブログの毎日更新ができなくなってしまったドロンパ院長です。

タイトルにもありますが、超絶に重要なことに気づいてしまいました。

というのもこのはてなブログのことです。

ブログをはてなブログで始めたのは、素人がブログ始めるならはてながオススメ!みたいな記事が多かったからです。ただそれだけの理由。アメブロライブドアブログも検討してみたけど、アメブロは芸能人が多いとか。

ブログ開始当初の目的は、自身の独立開業(整骨院)時に、ホームページ内のコンテンツとして育てていけたらな、ということでした。あとあわよくばブログ内で集客とも思ってましたが、ことに整骨院という業種ではネット上でサービスが完結することはありえなく、実際に足を運んでもらうかこっちが運ぶかして対面が成されないと意味がないというものがあります。実際ブログをやってみると関西に住んでるのかどうかすらもよくわからない。グーグルアナリティクスで一応どこの県から見てくれてるのかはわかるようになってるけど、そこから集客に結びつけるのはかなりの困難を極めそうなのであきらめた。

となってくると、単純にコンテンツの一つであることとSEO対策である。

コンテンツとして

整骨院の施術者の人となりをわかってもらうのが目的。よくあるやつ。患者さんから●●をもらったとか、どこぞやのセミナーに行ったとか報告系。正直書いて意味あるんかな・・・とか思ってたけど。

SEO対策として

いわゆるコンテンツマーケティング的な位置づけ。自社のホームページに良質なコンテンツを盛り込み、そのコンテンツ経由で実際の本業の集客等を行なうというもの。最近では大企業もやってる。わかりやすいので言うと大手食品メーカーが自身のHP内で、自社商品を使ったレシピをたくさん掲載してるとかそういうやつ。オウンドメディアというやつですね。

色々調べていくうちにわかったのだが、この二つを同時に満たすというのはなかなか難しいらしい。

というのもブログには内部ブログと外部ブログがある。

 

内部ブログとは独自ドメイン下で運用するもの。

外部ブログとはその名の通り、独自ドメインとはまた別のはてなアメブロなどのサービスをリンクさせてるだけのものです。

 

内部ブログは独自ドメイン下なので1記事書けば単純に1ページ増えることになり、どんどんストックされる。SEOにも有効。

 

外部ブログはいくら書いても、ドメインが違うのでSEOには関係ない。

なるほど、そうだったのか!そう言われてみればそりゃそうですね。

 

で、ここからがなかなかGoogleのすごいところで、

内部ブログではそのビジネスに合った内容のことを書かなければダメ。昼ごはんはどこぞやに行ったとか日常的なことを書いたり、あまり関係のない考え方を書くとGoogleのエンジンは「ノイズ」とみなし、そんな記事が大量にあるサイトは逆にSEOの順位が落ちるらしい。これは最近の傾向だそうだが、今後もそりゃそうなっていくんだろう。

となってくると内部ブログでは専門ブログにならざるを得ない。外部ブログであれば好き放題できる。

と、ここで自分に二択が与えられた。

  • はてなブログproにして独自ドメインを接続し、今までの書いてきた資産を活かしつつこのブログを継続。ただし内容は専門ブログ化。
  • 現在公開を控えているHPの内部ブログを新たに立ち上げ、そこに専門ブログを書き始める。

前者はまた別途お金がかかるのと、このブログはほぼ雑記である。労基法関連も整骨院と全く関係がない。となるとGoogleにノイズとみなされ、SEO対策としてはNG。

となると後者しかない!!!

ということでまた別のところで100記事を目指して専門ブログをスタートさせました。

 

うおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

やーってやるぜ!!

f:id:kazumine50:20171009074852j:plain

はてなブログでも書いてる人が多いですが、専門ブログは書くのにめちゃくちゃ時間がかかります。特にカラダのことなので適当な情報は流したくないので、ちゃんとエビデンス(証拠)のあるものとなれば、実はけっこう限られてきます。

早速書き始めたけど、ものすごく時間がかかる。専門ブログで100記事以上書いてる人は改めてすごいと思いました。

ということで、公開できるようになったらここでもお知らせさせていただきますので、気が向くような優しい方はそこのページまで飛んでいただけたらと思います。

 

尿管結石、爆速で排出成功。

こんにちは、最近めっきり寒くなって風呂の時間が長くなってるドロンパ院長です。

 

kazumine50.hatenablog.com

過去記事でこんなんを書きました。

尿管結石で激痛があり、人生初の救急車を呼んだ話です。

痛みでのたうちまわるとはこのことか!と実感しました。

例えるならぎっくり腰がずーっと続いてるような感じかな。それプラス冷や汗と嘔吐感もでてくる。ぎっくり腰だととりあえず安静にしていれば痛みはおさまるけど、尿路結石は横になっても容赦なく激痛が襲ってくる。

尿路結石は成人男性の30~50代に多く、7人に1人ぐらいの割合でできるそうです。該当する方、気を付けてください。女性も最近は食生活や生活習慣の変化でかかりやすくなってるとか。

ということで、

 

 

でたんです!!

f:id:kazumine50:20171006105736j:plain

 

 

石が!

 

 

いつも茶こしを持ち歩いてトイレに行っていたので、茶こしにダンクシュート!みたいな感じでしたね。桜木花道もビックリしたに違いない。

f:id:kazumine50:20171006105955j:plain

https://divnil.com

 

 

ところで家では茶こしを使ってませんでした。なぜなら手動で流すタイプのトイレだから。

 

 

ところが職場のトイレは全部センサー式で自動洗浄なんです。つまりもし石がでたら勝手に流される場合があるので茶こし必須でした。

 

 

先人達の、でる時はでそう感がある」というのも理解できました。

 

 

時系列で整理すると

10/2 0:30激痛⇒2:30激痛再び⇒救急車を呼ぶ。痛み止めのみ処方。

10/2 12:50泌尿器科受診。 痛み止めと結石を溶かす薬を処方。

10/5 10:15一つ目の石排出。congratulations!

ということで3つ石があるうちの一つがわずか3日ででてきました。

色々調べてても

  • 忘れた頃にでる
  • 平均すると1ヵ月とか2ヵ月とか
  • 長い人だと半年の人もいるとか

このような意見が多かったです。もちろん尿管の太さや結石の大きさにもよるでしょうが3日というのはかなり爆速と言って良いのではないでしょうか。

これはこれで面白い記事が書けそうなので、また別の機会に書きますが実際に取り組んだことは以下です。

  • 風呂に長いことつかっていた(30分以上)
  • 水を常温で大量に飲んでいた(1日2ℓのペットボトルを消費)
  • 食事はあまり食べない(食べると胃が大きくなり、腎臓が圧迫されて痛みにつながる)
  • ラジオ体操を朝と夜に二回実施
  • ラジオ体操とは別にジャンプを1日200回(着地はフワッとせず、膝を痛めるかというぐらいドスッと)
  • 自転車通勤
  • 茶こし

この中で自分で一番効果があったと勝手に思っているのはジャンプ200回と自転車通勤です。元々自転車通勤ですが、あえてガタガタの道を走るという荒業にでました。

というのも石が落ちてくるにはやはり振動が大事なのかもしれないという仮説を立て、それを実行しました。自転車はクロスバイクでタイヤの細さは25c。ママチャリの半分ぐらいの細さで空気もパンパンに入っていると、ちょっとした段差とかでかなり振動が伝わってくるのです。障がい者向けの黄色い点字ブロックもここぞとばかりに通りまくってました。

あと二個、石が控えてるのですがとりあえず痛みはないです。また下に落ちてくる頃には痛みが再発するんでしょうか。それはそれで恐怖ですが、一旦は超めでたい!

思わず今夜は焼肉にしようか!と言いそうになりました。焼き鯖でしたけど。

久しぶりに書評を書いてみました(マインドマップ付)【人生確率論のススメ:勝間和代】

こんにちは、結石がでてくるのをまだかまだかと待ち望んでいるドロンパ院長です。

今日は久しぶりに書評を書きます。

2014年の本なので少し内容が古いかもしれません。これも図書館で借りた本なので図書館効果(締切効果)ですぐ読めました。

 

人生確率論のススメ (扶桑社新書)

人生確率論のススメ (扶桑社新書)

 

ビジネス書でお馴染み、勝間さんの本です。

勝間さん、一時期はテレビにもでて非常に有名でしたね。私は10年以上も前に勝間さんのブログを読んでいました。その時はまだマッキンゼーに在職中だったと思います。ムギ畑というブログですが、今は複数人で運営されてるみたいですね。当時はブログ自体やってる人が珍しかったし、色々と為になる情報を配信してくれていました。今では勝間さんのメルマガを読んでるぐらいですね。毎朝送られてくるんですが、毎日書くというのも素晴らしい!内容は家事のこととか家電のことが今は中心で、それはそれで人間味を知れて面白い。今日のメルマガなんかはプレイステーション2トルネコの冒険を最近やってるとかそんな内容でした。メディアが作る像とは程遠いですね。

人生で運を味方にするには、確率を計算して成功確率が高い方を選ぶ

確率の計算というと、中学や高校のCとかPとかを思い出す人もいるかもしれません。ここではそこまで複雑なことではなく、とりあえず自分なりに確率を算出してみるということ。まあ感覚的に選んで運を引き寄せてる人もいると思いますが。

これは、今思えば受験の時の現在文の試験に考え方に似ていると思います。

現代文の問題で4択があるとすると、まず2択までは簡単に絞れるわけです。その2択を文章中から根拠を見つけて1択に絞り込む。これが定石ですが、なかなか1択に絞りきれない問題があるのです。その際はどちらがそれっぽいか、ということを考えます。どちらが強めに言ってるとかソフトに言ってるとかが判断基準ですね。要するにより正解に近い確率が高い方を選ぶのです。●%と具体的な数値がでてくるわけではありませんが、人生で何かを選択する時、人に聞いてもロクな回答が得られない場合がけっこうありました。やはり自分で判断を下す為に確率を計算することは重要ですね。

何でも計算すること。例えば何かを買う時の判断は「その値段を使用回数で割る」

勝間さんはマウスパッドを例にだしておられました。マウスパッドは毎日使うもんだから超高級なやつでも良い。しかし結婚式のドレス等使用回数が少ないものは安物で良いということです。これはミニマリスト的考え方でもありますね。

誰かも言ってましたが、服でいうと使用回数の少ないアウターは適当なもので良い。インナーや靴下は使用回数が多いので、値段の高い優れた製品を使っている、というやつです。

服は特にわかりやすいですが、食事に関しても言及されていました。単純に高級割烹を食べると考えるのではなく、そこから広がる人脈等を計算する必要がある。単純に高い食事と思うか、この人と関係を持てるなら!と安い食事と思うか。

人生のほとんどのことは計算できる。数字が苦手な人でも計算をするには日々の事をどんどん計算していくしかない。

私も計算はどちらかというと苦手な方でしたが、確かに慣れるしかない。慣れるには日々計算計算の繰り返し。

まあこれは何でもそうだと思いますが、実行あるのみというやつですね。

 

久しぶりにマインドマップしたので貼っておきます。私視点ですが、これを読めば本を読んだも同然!?

f:id:kazumine50:20171004155718j:plain