京都の整骨院院長ドロンパの思考錯誤

人材コンサルティング、整骨院、ロードバイク、写真、料理、ギター(押尾コータローと、VAN HALEN)、読書、節約、猫

人生に行き詰まったら、旧ドラえもんを見よ!

こんにちは、いまだに新ドラえもんの声に違和感のあるドロンパ院長です。

 

300円ショップの3coinsでもドラえもんのグッズが販売されて飛ぶように売れているそうです。近くにイオンモールがあるんですが、そこにも見に行きましたが妻が「あーやっぱり売り切れてるわ」と。髪の毛を結ぶシュシュがあったそうなんですが、大人気のためすぐに売り切れ。

今も昔もドラえもん人気はスゴイ。ということで我が子にはドラえもんのグッズをたくさん買っている(アンチアンパンマン)んですが、いまひとつ実感がないようで。

いつになったらドラえもんのすばらしさをわかってくれるんやろか。

ということで、今日はドラえもんの話題を。何を大の大人がドラえもんドラえもんと騒いでいるのかということも含めて魅力を文章にしていきたいと思います。

f:id:kazumine50:20180217114020j:plain

https://dch.dmkt-sp.jp/

 

ストーリーがワンパターン

え?ストーリーがワンパターンって逆につまらないんじゃないの?

と思う方もいるかもしれません。知らない人はいないと思いますが簡単にドラえもんのストーリをおさらいしておきます。

  1. のび太が学校で同級生にバカにされて、悔しい思いをして帰ってくる。
  2. ドラえもんが秘密道具を提供して、それで仕返しする
  3. のび太がその道具の天才的な使い方を思いつき、それでさらに悪だくみをする。
  4. その悪だくみが失敗に終わり、のび太がひどい目にあう。

ほとんどのストーリーがこれです。もう予想できるんですね。でも一体どうやって最終的にひどい目にあうのかはわからない。そしてバカにされて帰ってくるのもたいがいは同級生の金持ち自慢、運動能力、勉強能力の三つのどれか。ここから毎回話を考えていくわけですから、すごいですね。

「こんな道具があればいい!」とかそういうのから発想が始まっているんでしょうが、よくネタ切れにならんもんやなあと。

ちなみにストーリーがワンパターンというのは関西で大人気の吉本新喜劇でも同じです。人が何年かに一回ぐらいは変わるけど、やってるネタはほぼ同じ。いうなればコピーです。でもおもしろい。「まあここであのネタがでるやろな」というおもしろさ。

なんなんでしょうか、これは。

 

秘密道具の発想が秀逸

大人になって本当に感心するのはこの部分です。

昔のドラえもんを見る機会というのはレンタルするか、有料の動画サービスぐらいしか今はないと思いますが、よく30年前ぐらいにこんなに便利な道具が想像できたなあ、とこれに尽きます。その道具の中には今現在、形は違うものの同じような機能をもったものもでてきています。

最近一番コレや!と思ったものはドラえもんの映画版の短編みたいなやつに「ドラミちゃん」の映画があります。

 

セワシ君が先祖ののび太の能力をあげるだけでは全く自分の能力が上がらないことに気づき、さらに大昔の先祖であるのび平という人の能力をあげてもらおうとドラミちゃんが過去にタイムスリップしていろんな騒動が起こる、という映画です。

 

その中でセワシ君が食事をしようとするシーンがあるのですが、自販機みたいなとこからでてきた食事のプレートを持って、所定の位置まできます。そしてこう言うのです。

 

 

「イス、テーブル」

 

 

するとイスとテーブルがギュイーンとでてきて、そこで食事をとるというものでした。

これgoogle homeとかamazon echoやん!!

 

イスとかテーブルはまだ対応していないと思いますが、もはや照明をはじめ様々な家電が音声コマンドによって操作できつつある時代になっています。小学生の時は単純にかっこええなあ・・・ぐらいやったのですが、ここまで現実味が増してくるとは・・・。

 

特に映画版は深いテーマが多い

テレビ版もある程度はそうなのですが、その時代にあったテーマが描かれていることが多いです。最初のほうが単純に冒険的な映画が多かったです。映画版ですから、現実世界とは離れた世界が舞台となることが多く、別宇宙とか海底とかが舞台でした。その中では今の人間世界の文明より優れた文明があったのに絶滅寸前になってしまったとか、ロボットに支配されつつある世界とかです。今ならAIに仕事を奪われる・・・など想像にたやすいですが、20年以上も前に誰がそんなことを予想できたでしょうか。

 

とりあえずドラえもんは見とけ!

子供のころにドラえもんで育ったという方は本当に多いですが、大人になると当たり前ですが見る機会がなくなります。お子さんのおられる方は新ドラえもんを見る機会もでてくるでしょうが、旧ドラえもんとはまた違います。

ドラえもんを見ると、子供のころには発見できなかった新たな発見ができてすごくおもしろいです。よく本でも昔読んだ本をある程度大人になって読むとまた違った発見がある、なんて言いますがまさにあれと同じ。

今後はオススメのドラえもん作品も紹介していきたいと思います。映画版はアマゾンプライムにもでてきてるしね。

缶詰は優れた食品であるという理由、3つ

こんにちは、節約の為に昼ごはんをお弁当に切り替えたドロンパ院長です。

 

いや、元々お弁当やったんですけどね、一回外食とかコンビニになるとなかなか戻れない。

そんな中、最近缶詰にハマっているのです。

缶詰ってどんなイメージですか?非常食?なんとなくおいしくない??高級志向???

私も最近まで「缶詰って非常食で家のキッチンに眠らせておくもの」というイメージでした。だがしかし、高級スーパーやコンビニや酒屋さんに置いてあるようなおつまみ系の缶詰はすごく高い!高い缶詰といえばカニ缶が相場でしたが、今はカキとかアンチョビ系とか色々売ってます。

高級系の缶詰は食べたことないのでわかりませんが、一般家庭でも一人暮らしでも買えるような缶詰はそのへんに売っています。ぜひ食卓の一品として取り入れてみてはいかがでしょうか?

f:id:kazumine50:20180206171124j:plain

 

ほとんどどこにでも売ってる

これは本当に素晴らしい。コンビニでもスーパーでも必ず売っています。コンビニで売ってるっていうのが重要ですね。

セブンイレブンのオリーブオイル鯖缶とか絶品すぎます。ちょっと凝った料理にももってこいですね。最近ではこのオリーブオイル鯖缶という商品をアヒージョとして食べるのがトレンドだとか。そのまま食べても激ウマ!なんですが。

 

価格が一定している

基本的な値上がりは知りませんが、ほぼ価格が一定しています。主に鯖とかさんまのような青背の魚が缶詰になっていることが多いですが、これは漁獲量に関係なく価格が一定しています。スーパーであれば、安売りをしている時であれば鯖缶一つ100円で買うことができます。100円でおかずになるようなものが手軽に買えるのですからこんなにありがたいことはありません。

 

特に水煮缶は余計な味付けがされていない

主に鯖の水煮缶になりますが、基本的には鯖と食塩のみで構成されています。これが味噌煮や味付けになると、また話が違うのですが基本的には添加物未使用です。また、缶詰という調理法は、食品を長期間保存するための素晴らしい調理法です。賞味期限は大体2年ぐらいの印字がされていますが、基本的には期限なしだとか!?

10年経っても大丈夫。むしろ10年経ってたほうが味がしみ込んでておいしいといったような意見もあるようです。なんかヴィンテージもののワインみたいですね。もしかしてプレミアがついてる缶詰とかあったりして。

 

まとめ

私は缶詰の中でも特に鯖の水煮缶が大好きです。あとはいかの味付け。これもうまい。

特に鯖はEPAという成分が豊富で、EPA血液サラサラ効果があります。玉ねぎよりもあるんちゃうかな??ダイエット食材としても超注目の有望株です。

あと一品なにをしたら良いかわからない!とか、今日の献立何にしようかな?という時に缶詰を候補に入れてみてはいかがでしょうか?缶詰のままでも良いし、お皿に盛り付けるだけでちょっと気分が上がりますよ!!

本を読めば読むほど、ドラクエの武器屋の言葉を思い出す

こんにちは、とまってしまった時計に騙されてしまうドロンパ院長です。

 

みなさんドラクエはやったことありますか?私はどちらかというとファイナルファンタジー派(いや、むしろもっと言うとメガドライブファンタシースター)なのでドラクエは実際にちゃんとやったのは3~6です。

ドラクエをはじめると、最初のほうに必ずといっていいほど言われることがあります。

それは

 

 『武器や防具は持ってるだけじゃ意味がない。必ず装備するように』

 

今日はこの村人Aもしくは武器屋の主人の名言について、現実世界を考えたいと思う。

私はビジネス書をけっこう読む頻度が高いのですが、読んで得た内容は常に装備するように意識はしています。装備する価値のないものを購入してしまうことも多いですが。

f:id:kazumine50:20180130115512g:plain

 

そもそも装備しない人が多い

成人すると、ほとんどの人は学校というものに行かなくなる。当然であるが、主たる時間を仕事につかうためだ。しかし新社会人というものは、ほとんど場合ドラクエと同じく『ひのきのぼう』『ぬののふく』のような2つぐらいしか装備していない状態で社会に放り出される。

だから本を読んだりネットで検索したり研修に参加したりしてスキルをどんどん取得していく。しかしあくまでもこういうスキルの取得は買うもの。実際に強くなっていくにはレベル上げが必要である。

 

ここで考えてみてほしい。

 

本を読んだり研修に参加したりして、果たしてどれほどその内容が自分のものになっているだろうか?

 

例えば「プレゼンテーションを上手く行なうコツ」みたいな本やセミナーがあったとして、本を読めば納得もするだろうしセミナーに参加すればその講師のプレゼンのうまさに気持ちよく時間が経過することだろう。そしてあらゆる手法やコツを学ぶことができるんだが、せっかく学んだ内容を実際に『やってみる』という段階までもっていく人は本当に少ない。

『やってみる』⇒『自分のモノにする』というのをしない限り、武器や防具は買ったが装備していない状態なのである。

 

使いこなせてない

ドラクエでも他のRPGでも大体そうだが、職業という概念がある。魔法使いとか戦士とか武道家とか。各職業で装備できる武器や防具の種類が決まっており、その属性に合わないものは装備すらできない。例えば魔法使いは基本魔法で戦うので、はがねのつるぎとかが装備できないようになってる。

しかしこれが現実世界であると装備できるのだ。ただ、パラメーターはやはりその職業ごとに合ったものでないと上がりにくくなっているように思う。

例えばwebデザイナーと宅配ドライバーという二つの職業の人がいるとする。

そしてどちらの人も『ジムへ通って筋肉をつけよう。そしてモテよう。』という欲求があるとする。

両者とも『ジムに通う』という商品を買うわけだ。そして装備をするのだが・・・

webデザイナー

そもそも日中体を動かすことがほとんどない。体の代わりにキーボードを打つ指はやたらと動いてるので腱鞘炎まっしぐらだ。そして食生活もそんなに意識していない人が多いので、元々が怠け者気質の人が多い。

「ちょっとこの段ボール運ぶの手伝って!」と言われても、我先に!という人はほとんどいないだろう。ジムに入会したのは良いものの、どんどん足が遠のく。周りの同僚も運動とは無縁。ジムに行ってるという自分だけが異色に思えてくる・・・。

結果幽霊会員になって喜ぶのはジム側、ということになっている人は多い。

ドラクエで例えると僧侶がはがねのつるぎを装備したようなもんである。重くて振れない、本来の力を発揮できない。レベルアップしてくればちからも上がってくるので『攻撃力も強い僧侶』ができるかもしれないが、元々のちからがかなり低いのでそうなるまでにはかなりの時間(経験値稼ぎ)を要する。

宅配ドライバー

車に乗ってる時間も多いがどちらかというと荷物を運んでる時間のほうが多い職業だ。ネットショッピングをしたことがある人なら、大体想像できるだろう。こういう人たちの意識は前述のwebデザイナーと全く違う。ジムにも行くが、普段の仕事が自然に鍛える場になっている。足も使うし、手も使う、まさに日常が全身運動。なので配達の段ボールの持ち方を、あえて負荷のかかる持ち方にしてみたり、時間短縮も兼ねてマンションでは小走りにしてみたり。日中が筋トレなので、常にトレーニングへの意識は欠かさない。

更に配達先の何回も顔を合わせるような人からは「あれ?なんかたくましくなった?」などと言われるかもしれない。そうなれば更なるモチベーションアップだ。周りの同僚からしても、ジムに通ってるということは不思議でもなんでもない。むしろ「俺も行くわ!」のように仲間ができるかもしれない。

ドラクエで例えると戦士がはがねのつるぎを装備したようなもんである。鬼に金棒である。

 

武器は別の使い方もある

ドラクエにははじゃのつるぎ、という武器がある。前述のはがねのつるぎの倍を超える価格設定で、攻撃力ははがねのつるぎとそんなに変わらない。たかだか少しの攻撃力のために倍以上は払えない、というのが率直な意見だった。

だが!!この武器はとんでもない可能性を秘めているのである。

というのも「武器や防具は装備しないと意味がない」と散々言われてきたが、実はこのはじゃのつるぎにいたっては装備してもしなくても別の効果がある。

それはゲーム中にでてくる「ギラ」という魔法の効果である。細かいことは割愛するが、単体にしか攻撃できなく、魔法が使えない戦士がこれを『道具』として使うと、なんと複数の敵に攻撃できるのである。しかもダメージはほぼ固定。敵が防御力なんてそれほど関係ないのである。しかしながら全く効かない敵も存在する。それは敵次第なので『使ってみなければわからない』というやつである。

これを現実世界に置き換えると、前述のプレゼンセミナーに出席し色んな手法を学んだものの、それを現実のプレゼンで試してみるということになる。やってみなくてはわからないのだから。

実は一昔前のコンサルタントは、こういう人が多かった。どこかで仕入れてきた情報やスキルをさも自分が体験したかのように堂々と語れるのである!つまり装備せずに使いまくっていたのだ。今ではこのタイプのコンサルタントはだいぶ厳しくなってきたが、まだまだ健在である。そして彼らは常に情報取得に余念がない。

 

どんどん強い武器がでてくる

これがクセモノである。ドラクエも物語が進むにつれて、どんどん便利で強い武器がでてくる。もちろん高額なものもあるが、意外と物語を進めていく途中のダンジョンの宝箱に入っていたり、敵が落したりと『買う』以外の選択肢のほうが主流になってきたりする。

これを現実世界で考えてみると、前述のプレゼンセミナーを装備できたとしてもどんどん新たなプレゼンテーションの技術本やセミナーがでてくる。せっかく装備したプレゼン技術ももはや古いものになってしまう。しかし手放さない人が多すぎるのだ。つまり装備を更新しないということである。なぜ手放さないのかというと、ドラクエであればこの武器は攻撃力が20上がるとかわかりやすく数値化されているのに対して、現実世界のスキルは数値化されていなく、正直自分の攻撃力は一体いくらあるのか?というのもわからない人がほとんどだからである。

もう店でもドラゴンキラーが売ってるような段階なのに、まだはじゃのつるぎで戦ってるようなもんである。その頃になればギラどころか、下手すりゃベギラゴンぐらい使える魔法使いがいたりする。そんな時にはじゃのつるぎを使われても、それで攻撃をされてもクソみたいなダメージしかだせない。

経験値はあがっているのだから早く装備を換えるべきである。ゲームでは簡単なことだが、これが現実世界となると本当に難しいことである。

 

一つの場所に何個も装備できるわけではない

ドラクエで言えば兜・鎧・盾・武器というのが基本の4つ。それに腕輪があったりなかったり。現実世界でもコアとなる能力はこれぐらいしかできないと思う。

私は個人的にこの4つというのを勝手に意識している。

つまり、整骨院という職業に言い換えるとこの世にはアホみたいに色んな手技(施術方法)がある。そしてその手技を習得するためのセミナーや本が、一生かけても学びきれないぐらいでているし、現在も新しい技術がどんどん開発されている。けっこうな確率で整骨院や整体の先生はこのセミナーに「参加すること」が目的になっている人が非常に多いように思う。学び続けるというのは素晴らしいことなのだが、やはり装備することを忘れているし、使ってみることすらしていない人も多い。別に整骨院業界の話だけじゃなくて、どこの業界にも言えると思う。結局自分に装備できるスキルの数は4つ程度が限界なんじゃないかな、と思う。

自分自身もビジネス書とか教養の本は、読んでて気持ちが良いし好きなジャンルなのだが、どうしてもそれを実行とか装備する段階になると「他にもっと強い武器があるんちゃうの?」と思ってしまう。いや、やってみないとわからんのやけどね。

 

迷った時は別世界で考えてみる

少し前までは情報が一握りの人間にしか公開されてないとか、そういう時代でした。ですが今は情報過多の時代。大量の情報の中から、いかに自分に必要な情報をピックアップできるかという能力の方が重要でしょう。できるだけ一次情報に近づかないと真理はわからないですからね。

もちろんこの時代でも超絶重要な情報は一握りの人がもっていることでしょう。例えば原油の残量とか。なくなるなくなるゆーてずーっとなくなってへんし。価格もそこまで高騰してないし。

一度人生につまづいたり、色んな事を考える時はドラクエの世界だったらどうなのか?ということを考えてみたらうまく整理できるかもしれません。

 

 

そういえば、あの経営コンサルタントもこう言っていました。

 

人生はファイナルファンタジー

大前研一

 

ってファイナルファンタジーかい!!

合コンで、デジタルオタクかどうかを見破る4つの方法

こんにちは、大寒波にビビって厚着しすぎてモコモコになっているドロンパ院長です。

冬は食べ物がおいしい、野菜が高騰とはいえあらゆるものがうますぎる。ということで脂肪でもこもこになってきています。

 

デジタルオタクかどうかを見破ってどうすんの?と言われそうですが、要するにカネがかかるやつかどうかを見破る、ということです。デジタルものとか家電とかは進化がすごいですから2年前のものといったら、デジタルオタクからすると既に時代遅れの商品になっていたりします。デジタルオタクは最新のものをずーっと追い求めます。

f:id:kazumine50:20180124093619j:plain

 

時計がスマートウォッチ

スマートウォッチとはapple watchに代表されるようなやつです。これは一見してはわかりませんが、文字盤がデジタルっぽかったらビンゴです。とはいえ見た目はけっこういじれるので本当にわからない。通知が時計にくるようになっているのでやたらと時計を見る人はそうなのかも。

 

支払いをやたらと電子マネーでやりたがる

デジタルオタクは最新の機器が大好物です。今電子マネーは群雄割拠状態。更にその電子マネーオートチャージ設定になってたりして、引き落とし元のクレジットカードのポイントが自動的に貯まるようになる設定をしてたりします。

オトクはオトクなのですが、デジタルオタク気味の人じゃないと設定等をすることは難しいでしょう。

 

価格.comがブックマークされている

デジタルオタクにとっては価格.comは聖地です。ブラウザのブックマークならまだかわいいものかもしれません。アプリも配信されているので、スマホのホーム画面にアプリがあれば確定でしょう。そして常に最新情報をチェックしているのです。

 

設定アプリの使用頻度が異常に高い

iphoneでもandroidでもそうですが、デフォルトのまま使用し続けるデジタルオタクはあまりいません。何かしらのカスタマイズをすることが楽しいのです。うどんに七味唐辛子をかけたり、レトルトカレーにソースをかけてちょっとした味を足したりするような感覚です。

androidであれば使用頻度の高いアプリランキングみたいなんが端末ででてきますので、おそらくオタクであれば設定のアプリが一番上に上がっているはずです。

 

まとまらないまとめ

小学校の時は消しゴムの『まとまる君』が大好きでした。

これまでデジタルオタクになる条件を色々挙げてきましたが、これ全部私自身のことです。スマートウォッチは持っていませんが、設定アプリはよく使うし価格.comはおもしろい。そして同じような店なら電子マネーが使える店を選びます。

 

他にも謎のスマホ2台持ちとか、何の為に使ってるかわからないタブレットを持ってるとか、モバイルバッテリーが必需品とか色々あります。

自他ともに認めるデジタルオタクではありますが、白物家電のこととかを聞かれると正直よくわかりません。デジタルオタクにも得意・不得意分野があるのです。格安simの先生、パソコンスペックの鬼、ストーブは黙ってガスストーブ!などなど。

デジタルオタクは確かにお金がかかりますが、そんな我々の言い訳のテンプレートがあります。それは・・・

 

「車好きで、改造とかしてるやつのほうがよっぽどカネかかるって!」

f:id:kazumine50:20180124093724j:plain

 

一つのものに情熱を注ぐって素敵ですね!

 

自転車乗りは、iphoneかandroidで迷ったらandroidにしとけ!

こんにちは、iphone8かiphoneXか散々迷った挙句の果てにandroidになったドロンパ院長です。

もう多分このブログをお読みの方でガラケーを使っておられる方は皆無だと思います。

デジタルマニアなんて周りには言われてるドロンパ院長ですが、なんとマニアらしくiphoneandroidの二台持ちです。メインは今はandroidxperia X performanceでサブがiphone se

どちらも使い倒した結果、メインをandroidにしている理由があるんです。

iphone×android論争はかなり長いことありますが、私自身の少し変わった視点で書きたいと思います。

最近のスマホは本当に高性能になり、ほとんどの機種に歩数や日々の生活の記録を自動的にしてくれるライフログ的な機能がついています。このライフログの機能で、androidのほうが自分には合ってると思うんです。

f:id:kazumine50:20180115154635j:plain

 

 

appleのヘルスケアアプリ

f:id:kazumine50:20180115153427j:plain

http://www.appps.jp/127616/

基本的にどちらもできることは同じですが、細かい点でやはり違います。appleのヘルスケアアプリは基本的に「他の連携アプリのデータを一覧で表示できるようなダッシュボード的な役割」です。

つまり健康管理のアプリは星のように配信されています。体重や体脂肪率を記録するもの。記録以前にwifi内臓の体重計に乗るだけで、自動的にデータを記録してくれるアプリ。筋トレのメニューや回数を管理するアプリ等々。

この中で私が特にライフログ系のアプリで重宝しているのは自転車の距離や速度の管理アプリです。自転車はロードバイククロスバイクといったスポーツ系の自転車に乗っています。サイクルコンピューターと呼ばれるスピードとか距離を計測してくれるメーターはとりつけてあるのですが、それを自動で記録することはできません。そこで、自転車アプリに記録させる⇒ヘルスケアと連携させる。という手順になるのですが、この自転車アプリは自動で自転車に乗ってるかどうかを判断してくれません。つまり自転車に乗る前に「スタート」ボタンを押して、乗り終えたら「フィニッシュ」ボタンをいちいち押さなくてはいけないのです。オートスタート機能に対応しているアプリもありますが、ずーっと立ち上げてなくてはいけないしGPSもオンにしとかないといけないので、電池の減りが半端ありません。

 

googlegoogle fit

f:id:kazumine50:20180115153532j:plain

Google Fit - Chrome ウェブストア

この点google fitはappleのヘルスケアアプリとはコンセプトが違い、ダッシュボード的な役割だけではなくて、「記録と表示」の二つの役割のどちらもを担っています。

つまり自転車に乗って降りる、これをいちいち操作せずとも勝手に記録してくれるんです!

自転車が基本の移動手段ですから、スマホさえポケットに入れておけば、ちょっとコンビニに寄ったとかそういう時でもオートでスタートとフィニッシュを記録してくれます。これめちゃくちゃ便利ですよ!

あと地味ですが一日の歩数目標も設定できて、達成するとアラートで知らせてくれるとか。iphoneだとヘルスケアアプリに通知の機能はないので、また別のアプリを立ち上げておかなくてはいけません。

 

自転車乗りは迷わずgoogle fit

以上のように、私は自転車中心の生活なのでgoogle fitがあまりにも便利です。細かい操作性や新しく端末を追加した時の同期性などを比べると圧倒的にiphoneのほうが使いやすいし、いわゆるヌルサクはやはりiphoneが素晴らしいと感じます。洗練されたデザイン等も素晴らしいです。

しかしライフログの観点からいけばやはりandroidに軍配が上がります。

どちらも捨てがたいので二台持ちになってしまっているのですが・・・。

そういえばこの前iphone5cをまだ使ってる人を見かけましたが・・・あの機種ではライフログもとれないし格安SIMも非対応・・・。

30年以上前の文章術の本が秀逸すぎたので、6つにまとめてマインドマップメモ付で書評を書いてみました

こんにちは、家のお茶をほうじ茶から番茶に変えたドロンパ院長です。

 

1981年という自分が生まれた年に書かれた本なのに、色んなサイトで物書きの人が絶賛していたので読んでみました。内容は基本的と言えば基本的ですが、つい忘れてしまいがちになっていることのオンパレード。日記とか小説のようなものの書き方はまた違うでしょうが、情報発信をする方なら知っておいて損はない内容かと。

 

 

良い文章を書く心得

  1. 主題について述べるべき事実と意見を十分し精選し
  2. 1を事実と意見を区別しながら順序よく明快完結に記述する

上記2点が大原則。

必要なことは漏れなく書き、必要ないことは一つも書かないこと。何が必要なのかは読み手の予備知識等のレベル感に左右される。

読者は真っ先に何を知りたがっているのか?明快に書くための3つは以下

  • ほかの意味にとられることはないか?と常に自問
  • ズバリ言いきる。ぼかさない。
  • できるだけ普通の用語、日常用語、短い文

不要なことばを一語でも削ろうと努力すれば言いたいことが明確になってくる。

 

準備作業をきっちりと

  1. テーマの立案
  2. 誰に向けて書くのか?
  3. 知ってもらうための文章?記録?
  4. 材料集めはできる限り自分が体験した情報を

わかりにくいものを書く時は、それに似たものを探してそれとどう違うのかをまず書くこと。

 

主題について述べるべき事実と意見を精選する

これが難しい。以下のものは全て意見

推論・判断・意見・確信・仮説・理論。

この中で理論というのが特におもしろかったが、『進化論』のようなものは証明になりそうな事実はあるもののあくまで意見に過ぎないとのこと。

事実を書く時も「その事実を書く必要があるのか?」を考えること。

もちろん意見を発信したい、意見を知りたいという人もたくさんいるのでそれはそれでそういう文章を書けばOK。

 

わかりやすく簡潔な表現を心がける

  • 文は短く
  • 「書きたい!」という情熱はひとまず置いて、冷静に構成を組み立てること
  • 字面の白さ(余白)を意識する、漢字が多すぎると黒い印象に
  • 能動態で書く⇒受動態はぼやける
  • 校正は時間を置いてから⇒目が新鮮さを取り戻す

 はっきり言い切る

上記の意見と事実を分ける作業の後に必要になるが、事実であればぼやかした表現は絶対にしないこと。できるだけ名詞と動詞で書く。修飾語は使わないこと。

「ほぼ」「約」「ぐらい」「たぶん」「らしい」などは避ける。

 

文章の組立は起承転結より序論本論結論の方が良い場合が多い

この考え方には正直びっくりした。起承転結は話し言葉つまりプレゼンテーション等に向いているそうだ。話し上手な人の内容の構成は自然とそうなってるとか。

また、海外で多いような『結論を先に言ってしまってそこから論を展開する』というやり方もネットのようなメディアでは良いかもしれない。

ことにブログであれば結論がなく、序論本論だけで事足りることも多いという。結論は本論に内包すれば良いとのこと。

 

まとめ

日記や趣味や記録的なブログは除いて、ほとんどのブログは人に読んでもらうためのものです。まずはその読んでもらう人を意識して書きましょうという至極基本的なことを学ぶことができました。

文章とは、著者の想いを満たすものではなく読者に向けて書くものだからです。ブログも収益としてやっている方や、記録やアウトプットの場として活用している人など様々です。

今後誰もが発信するような時代になれば文章術は必須科目。もちろんイラストや写真や動画の作成も必須科目と言える時代になるでしょう。

そして文章はできるだけ短く!とあるのに長くなってしまった・・・。まだまだ訓練が必要だと思いました。

しかしこの内容を高校生ぐらいの時に知りたかったなあ・・・本はもう既にあったのに。

f:id:kazumine50:20180110111336p:plain

テンキーとスマホの数字キーの配列は逆って知ってた?

こんにちは、あまりの寒さ故にユニクロのパッチが欠かせないドロンパ院長です。

パッチて今は言わないらしいですね。タイツ。

コールテンはコーデュロイ

時代が変われば言い方が変わる。

 

ということで今日は時代が変わってきてもテンキーは必要なのか?ということを考えていきたいと思います。

 

最近のキーボードにはテンキーがついてない

いや~、これですよこれ。最近はほとんどノートPCで、しかも小型化が進んでいるのでテンキー部分ほとんどカットされているモデルが多いです。私が普段使っているのはMacbook Airですがこれも例外なくテンキー部分はカットされています。外付けのキーボードですらテンキー部分がカットされているものが多いです。

 

実はテンキーは固定電話の配置と逆

これ、知ってました??あるあるです。家に固定電話がない人も多いのでなかなか意識することはないかと思いますが固定電話の上下の配列が逆になっているんです。携帯電話やスマホの配列も同じで電卓とかテンキーとは逆です。銀行のATMは画面上のキー配列は都度変わるところもありますが、基本的には電卓やテンキーの配列と同じです。

なんとなくお金が関係するようなことは電卓配列で、電話関係は固定電話配列みたいになってるんでしょうか。

 

テンキーがない場合はオジサン打ちになってしまう

オジサン打ちってなんやねん!ってことですが勝手に命名しました。

f:id:kazumine50:20180105100747j:plain

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑コレです↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

野球選手もビックリの一本足打法ならぬ一本指打ちとも言うらしいですね。

カタカタと打ってたら、いきなりコレになるから遅くなるんです。しかも今数字打ち込む時って、何かの数式であったり会員番号のようないわゆる「間違いが許されないもの」が多いです。日本語やアルファベットの場合は、ブログを書いているおかげもあって脳で思ったことをダイレクトに文字に変換できますが、数字になるといきなりめちゃくちゃ遅くなってしまいます。

 

テンキーは必要??

今はまだ音声入力が主流になっていないので、主に物理キーボードを使用していますが特に入力方法が変わらない限り、あった方が良いと思っています。

しかしアマゾンなんかで探しても有線のやつは1,000円ぐらいであるけど、無線のやつとかbluetoothになるとけっこうな額かかるのよね・・・。誰かコストパフォーマンスに優れてるテンキー知りません??